« イメクラ | メイン | 儀式にこだわる家族像 »

2002年05月28日

待ちに待った節分の日

今日は待ちに待った節分の日。みんなすっごく楽しみにしてたから朝から家中大忙し。
お父さんなんてはりきりすぎてサンタのかっこうしてたの。
そしたら娘に
「お父さん!クリスマスじゃないから!節分だから!」
なんて突っ込まれちゃって頭に来たお父さんはサラダ油を一気飲みしたの。
そんなお茶目なお父さんのとなりではお母さんが赤飯を炊き終えて
「よしこー。赤飯炊けたわよ。いつでもOKよー!」
なんて言い出したら家中大混乱。

娘は叫んだの。
「あたし、まだ小学校2年だし!お母さん焦りすぎだし!しかもよし子じゃないし!明美だし!」
それを聞いたお母さんはぶったまげて次男の努の急所をソバットで一撃!急所をズドンと直撃しちゃったの!!
さあ大変!努は泣きながら言ったわ!!
「こんな家燃やしてやる~!!」
努はマッチ棒をポケットから取り出してすぐさま火をつけようとした!
そこで黙っていなかったのはお父さん!お父さんは努を殴ったわ!努は泣きながら自分の部屋にひきこもったの。

「なんでお前ポケットにマッチなんて入ってるんだ!!この不良が!!」

そんな感じ。あたしの家族は。鬼ばかり。
だからね。あたしは節分の日が大好きなの。
いつか、あたしの家族にとりついている鬼が出てってくれるんじゃないかなって。
そんな日がくればいいな。
そう言いつつもあたしはソープでバイトしてるんだからね!!
あたしの鬼も追っ払ってちょうだい!!節分の神様!!

投稿者 hospital : 2002年05月28日 14:00