« 演劇的世界 | メイン | アイパーマミ »

2002年08月29日

最後のディスクレビュー4

渋谷を歩きつづけて5時間。ケンジは見つからない。
今日があたしの誕生日だってことケンジが覚えててくれた。嬉しかった。
でも、ケンジは「待ち合わせ、明日、渋谷で。」としか言ってくれなかった。
「渋谷のどこ?何時?」って聞こうと思ったけど、
その時、ケンジと目が合って『わかるだろ?』って言わんばかりの目だったから聞くのやめた。
残念ね。わからなかったわ。5時間も歩いてるのに。
見つけたのは109の前を若い女と手をつないで歩いていたケンジにそっくりな男だけ。
どこからどう見てもケンジ。声もケンジ。しかもアタシと目が合ったら目をあからさまに伏せた。
でも違うわね。ケンジじゃないわ。それに目を伏せてくれて良かった。
これで睨み返されてたらアタシ今頃東京タワーに登ってたわね。
そんな気分なの。臭い物にはフタを。青春時代のアタシが見たらなんて言うでしょうね。
ごめんね。昔のアタシ。そしてお母さんお父さん。それでもアタシは東京が好き。
まぁいいわ。そろそろディスクレビューに入らないとね。

まず!今日最初に紹介するのはプライマルゥゥゥゥゥスクリームゥゥゥゥゥ!!!!!
なんか一瞬ハイになったわね。理由はないの。ニューアルバム『イーヴルヒート』について。
今から告白しようと思ってる人。上司に喧嘩売りに行くOLは絶対聴いて。
負けても勝っても『アタシってイケてる。』って思わせてくれるわ。頑張って。

お次はべス・オートンのニューアルバム『デイブレイカー』について。
昔、プロモの中でなんか自分のお腹をなでてみたり背中をなでてみたりしながら
病的に草原を歩き回って歌う彼女を見た。一瞬。『喧嘩売ってるの?』って思ったけど
次の一瞬『かっこいいかも』って思った。そんな彼女のニューアルバム。
今回はケミカルやジョニーマーなど、大勢の豪華ゲストが参加しています。
彼女の歌声に惹かれて集まってきた男たち。ケンジも参加してたらあたしも買うわね。

お次はブルーススプリングスティーンのニューアルバム『ザ・ライジング』。
え?ブルーススプリングスティーン?新作?
まだ生きてたの?頭の中で顔がエリッククラプトンになってるんですけど。と思ったあなた。

アタシもよ。

現在52歳の彼。今回のアルバムの中で昔のような彼の勇姿を見ることはできない。
全体的に重い印象。でも、それでもロックをやり続けようとした彼のこと。
それはあたしの中では5年間アタシのお金でパチンコやり続けてるケンジとかぶるし
みんなの周りにもきっといるわよね。訳もなく号泣したい人にはお奨め。

気付いた人もいると思うけど今回はどんな状況でも軽やかに生き抜く人に注目してみた。
誰の周りにもいる軽やかな人達。世間の荒波の間を軽やかに移動しているように見える彼ら。
その姿がセクシーに見えて、あたしもそんな人になりたいと、大昔に思った気がする。
本人の中ではちっとも軽やかじゃないのかもしれないし、彼らも誰かに憧れてるのかもしれない。
たぶんどうしようもないわね。スプリングスティーンはボビーにはなれない。
でもボビーはスプリングスティーンになれるのかもしれない。ちょっと気を抜いただけで。
でも、そんなふうに考えてはいけないわ。こんな時あたしはエアロスミスが聴きたくなるの。

そんなアタシの最後のディスクレビュー。
和田アキ子の『あの鐘を鳴らすのはあなた。』
初めて行った彼氏の実家でこの唄を熱唱してみて。
彼の両親にすっごい好かれるかすっごい嫌われるか試してみるのも悪くないわ。
そんな感じかな。

それじゃあまたね。

投稿者 hospital : 2002年08月29日 09:24