« 憎いあんちくしょう | メイン | 最後のディスクレビュー5 »

2002年09月29日

合格体験記

『楽しく飽きない勉強を!』
(2001年東京大学理科一類現役合格・ピエール横山)


 高二まで多くの塾を渡り歩いた僕は、飽きっぽい性格からどれも長続きできず、成果がまったくあがりませんでした。そんな中偶然出会ったのが『啓発ゼミナール』でした。その内容をみて、僕は即刻入会を決意したのです。

 『啓発ゼミナール』の授業は質が高いうえに密度が濃く、非常に充実したものでした。カリキュラムは東大入試を網羅しており、授業では、他では分からないような論述のツボを多く学ぶことができますし、さらに、押しちゃいけない脳みそのツボまで押してくれるため、授業は興味深くうそっぽい話が本当の話のような気が段々してきて、時間があっという間に過ぎ去ってしまうように錯覚します。たまに注射も使ったりしてその充実さたるや詐欺かもしれません。はあ・・・はあ・・・。気持ちいいですよお・・・。飽きっぽい僕が最後まで続けられたのもこの幻想的で気持ちいい授業のおかげに他なりません。授業を聞くうちに、だんだんと脳内モルヒネが生成されて、東大合格間違いなしって思える自分に万歳です。ばんざ~~~い。羽が生えた!!僕は飛んでいる!!

 教材に関して思ったのは、レベルが高い事は勿論ですが、同時に無駄がなく、これにそって勉強すれば自然と最短距離で東大に合格できたような気になれるよう、十分に練られたものだということです。注射の併用も見逃せません、一体あの液体はなんなんでしょうか。事実僕は入会から入試直前まで『啓発ゼミ』の予習復習以外何もやってませんが、結果としてこうして合格できたような気になることができましたし、心も体もぼろぼろです。今考えても、『啓発ゼミ』のカリキュラムは東大合格への最良のアイテムだとはっきりいえます。

 現役生は定期試験に追われがちで、模試の成績もなかなかあがりませんが、『啓発ゼミ』にしっかりついていけば合格したような気になりますし、気持ちよくてもうどうにでもなれます。自分の可能性を信じて頑張ってください!

投稿者 hospital : 2002年09月29日 09:47