« 姉さんが変わった | メイン | メタルバンドな生き方 »

2002年10月04日

オタクの匂い

 この度アメリカ政府の付属研究機関ONS(Otakuno Nioi Saiko)により発表された『オタクの匂いの効果に関する研究論文』によると、『オタクの匂い』の中に、コレステロールの血中濃度を抑制する働きや自律神経をリラックスさせる働きのある成分が含まれているということが分かった。

オタクとは秋葉原を自信満々に闊歩し、母親以外の女性とは目をみて会話が出来ないなどといった障害のある人種のことだが、大抵彼らは現実社会に対応しきれず、謎のアーミーファッションに身を包み、仮想世界のお姉さんもしくはアニメーションで描かれた女の子に『萌え』るとされてきた。そのような負のイメージと、時代遅れのリュックを背負った『オタク』に今一筋の光明がさしている。

 彼らが集うことで有名な『コミックマーケット』『パーツショップ』『声優との握手会』など、あの汗と脂が混じったような、バンダナのような、何とも言えない匂いがたくさん嗅ぐ事のできる場所での同研究所の行った実験によると、これらの場所においては、空気中に含まれる人体への有効成分の値が通常の5~7倍だったという。これは森林における同様の実験結果の値が基準値の2~3倍であるということからも分かるとおり驚くべき結果と言わざるを得ない。これは『モーニング娘。』のコンサート会場でも同様の結果が報告されているということだ。つまり、秋葉原の改札を出るととたんに鼻につくあの匂いだが、データの上では『森林浴より効果あり』ということが示されたのだ。

 また、『オタク』10名を集め10m四方の部屋にこれらを収容し、アニメ『カードキャプチャーさくら』のテーマソングを再生し、その部屋の空気中の成分濃度を計測するという別の実験ではなんと基準値の20~30倍の値が見られたという。三人祭りの『チュッ夏パーティー』を再生するという実験でも同様の結果が報告されている。そしてその時彼らはまさに『萌え』ていたそうだ。

 未解明の部分が多く残る『オタク』に関してだが『萌え~。と叫んで健康になろう』と医療の現場に『オタク健康法』を採用している医者も出てきているのだそうだ。これは間違いなく『オタク』と『健康』に何らかの因果関係があるということを示しているのではなかろうか。

 『そう言われてみれば秋葉原を歩いている時って確かに落ち着く』、というあなた。私も秋葉原を歩いているとなんだか落ち着く。そうなのだ、私もおたくもオタクでアール(爆)

投稿者 hospital : 2002年10月04日 10:01