« 嫁と姑 | メイン | 最後のディスクレビュー8 »

2003年03月17日

上京する君へ

春がそこまでやってきた。田舎者のみなさんの中にはこの春から東京で大学や専門学校に通い始めるという人も多いだろう。そこで今回は、「東京でなめられないために抑えておきたいポイント」を網羅し、あなたの新生活をサポートしたい。


 まず、「田舎者だと思われたくない」というのは、上京したばかりのみなさんにとって率直な気持ちだと思う。自分はもともとシティー派だったと、みんなに思われたい。そんな気持ちが、「よく、自転車でオモサン(表参道)に買い物にいくよー(照)」「起き抜けで、代官山に行っちゃったよー(泣)」「もっぱら、ドンキーだよー(笑)」などというふうに、あなたに言わせてしまうわけだが、この種の発言をより自然に、より効果的に、怪しまれること無く口にするコツを、まず最初は例示していきたい。

例1.「逆に、代官山っていいっすよね」

 この発言で重要なのは、「逆に」と「っす」の部分だ。「逆に」という科白を言葉の最初に入れることが、その発言を一つ上のステージに引き上げることにつながる。田舎者にとって、代官山というのは、「まんま」いい場所なのであるが、それを敢えて「逆に」と言ってしまうことによって、その発言に凄みが増すのだ。また、「っす」で言葉をしめくくることによって、「都会にそれほど気負いはないっす」というスタイルが強調される。このほか、「逆に、カフェとか行きたいっすよね」「逆に、ライブ小屋貸し切って、皿回したいっすよね」など、いくらでもその応用は利くので、これは是非ためしてほしいっす。

例2.「ワールドカップの時期は、この辺一体、大変だったよぉ・・・」

 この発言は実際のところテレビで中継された映像を踏まえてのものなのだが、実は裏に隠されているのは、「結構前から都心に住んでます」というアピールだ。こういった発言をする際には必ず、「遠い目をしながら」ということに留意したい。実感が増し、本当っぽくなるのである。ここで注意したいことは、いくら遠い目をするからといって、「2.26事件、衝撃うけたよなぁ・・・」「三島の自殺は、忘れられねえ・・・」などのようなあまりに古い記憶を引いてはならない、ということだ。

 また、それ以外にあなたを東京ナイズするものとしては、ファッション雑誌の『街角スナップ』にとりあげられる、というのがある。ファッション誌のカメラマンがおしゃれキッヅを待ち構えている場所は大抵限られているので、その辺を日がな一日、勝負服を身に纏って、行きつ戻りつしよう。継続は力なり、何日か続ければきっとあなたにも声がかかるだろう。そしてその時、あなたは臆してはならない。すかさず、

「今日のファッションのテーマは”ナチュラル”です。好きな音楽は”スカ”。影響を受けた詩人はボードレール。『悪の華』は座右の書ですね」

と、聞かれても無いのに、言い切れ。勝負服なのに、あくまでテーマは”ナチュラル”だ。そしてもちろん、出身地は”東京”で。この際、焦って

「今日のテーマはパーティーでも、ストリートでも映える格好。無理はしたくないんでね。やっぱ、締め付ける服は自分を不自然にしちゃいますから・・・」

 などと言わないように注意したい。フミヤになってしまうからだ。ぎざぎざハートのフミヤである。恐ろしいことだ。

 さらに、「道にやけに詳しい」というのを、あなたの個性にしろ。東京の道の話題になったらすかさず「山手通り」「甲州街道」「明治通り」など、主要道路を列挙するのだ。これは、あまり東京の道になじみの無い周りの田舎者にとって、効果てきめんである。そのためには日ごろから東京道路マップをバッグの中に隠しておけ。

 最後に、上京したばかりのシティー派気取りのあなたにきっと降りかかるであろう残酷な問いかけ、「おまえ、出身どこ?」に対する予防法を書きとどめておかなければならない。東京コンプレックスをお持ちのあなたはきっと、この残酷な問いかけに対して「・・・・えっと・・・・や・・山梨・・・」、などのように口ごもってしまうはずだ。そしてまた、ここでは嘘をつくのは得策ではない。その後嘘がばれたときに大変恥ずかしい思いをあなたがするからだ。あなたの出身地が山梨でも、秋田でもかまわない。しかし、きちんとそれを告白した上で、最後にこう言ってやれ。

「ま、山梨の中でも一番東京に近い山梨だから、ほとんど東京なんだけどね」

 冷静に考えてみればまったくわけのわからない発言なのだが、その場は切り抜けることができるだろう。なんとなくシティー派っぽさがにじみ出るはずだ。あなたが東京でシティー派を気取ることができることを私は祈って病まない。頑張れ、東京一年生。

投稿者 hospital : 2003年03月17日 08:56