« my own private ルーシー | メイン | レインボーブリッジ »

2003年08月25日

未来の僕

朝、郵便受けを開けてみると、『未来のあなたに会える』とだけ書かれたチラシがいくつかのダイレクトメールに紛れて届いていた。
不思議なチラシである。『未来のあなたに会える』とだけあって、そのほか連絡先や細かい内容はまったく書かれていないのであった。
誰かのいたずらだろうと私はすぐにそのことを忘れて、会社に出かけた。

夜、くたくたになって会社から戻ると、郵便受けに一つだけ朝のものとまったく同じ体裁で、『30分後に、その男は来る』と書かれたチラシが届いていた。それを見て私は慄然とした。『その男』とは誰をさしているのだろうか。朝のチラシの内容と併せて考えるに、その男とはつまり未来の私のことであり、そんな男が30分後にやってくるということはただならぬ事態だ。


そわそわして、右往左往していたが、「まさかそんなことあるはずがない」という至極単純な結論に至り、私は寝る支度を始めることにしたその時。携帯に、『もう、すぐそこまで来てる。コンビニによるけど、何か買ってく?』というメールが届いた。件名が、『ちんぽ』だった。件名がかなりおちゃらけている内容だが、そんなことは今問題では無い。
近くまで来ているそうなのだ。コンビニの前でメールしているのだろう。「せっかくだから、何か買っていこうか?」という実にフランクな申し出なのである。こんなことが起きてたまるか。
メールを返した。

件名:Re:ちんぽ
内容:ふざけないでください。あなたは誰ですか。未来の僕とかいって混乱させないでください。

返事はすぐにきた。

件名:Re:Re:ちんぽ
内容:いや、まじで

一体、何事だ。『いや、まじで』などと言われても、埒が開かない。
そして、30分が経過した。呼び鈴がやっぱり鳴った。やつが来たのである。覚悟を決めて、私は玄関のドアを開けた。こうゆう時は何も考えず、見る前に跳べである。すると、そこには誰も居なかった。やっぱり馬鹿げたことだ。誰かが私をからかっているのだろう、自室に戻ると、携帯にメールが届いていた。

件名:Re:Re:ちんぽ
内容:ピンポンダッシュだぴょーン

件名:Re:Re:Re:ちんぽ
内容:ふざけんなこのちんぽ野郎

件名:Re:Re:Re:Re:ちんぽ
内容:むなしくないか?未来の自分がちんぽ野郎なんだ

件名:Re:Re:Re:Re:Re:ちんぽ
内容:てめえ、いい加減にしろ。出て来い。

件名:Re:Re:Re:Re:Re:Re:ちんぽ
内容:出るとこ、出るぞ。ちんかす太郎

件名:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:ちん
内容:お前の過去はまさにちんかす太郎だ。どうだ、参ったか

件名:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:ち
内容:殺すぞ

件名:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re
内容:やってみろ。てめえこそ殺すぞ

堪忍袋の緒が切れてしまった。そして、私は悟った。
相手が未来の自分であるなら、きっと今の私に何かが起こると自ずと未来の自分にも影響が出るはずだ。手始めに結婚を約束している智子に電話をした。

「ともこか。別れよう。お前のことは遊びだったんだ。死ね」

突然のことでショックだっただろう、電話口の向こうで智子は泣き喚いていた。決然と私は智子に別れを告げた。すると、メールが届いた。

件名:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re
内容:てめえ、智子がいなくなった・・・!息子もいねえじゃねえか、どうしてくれんだっ

にっくき未来の自分にダメージを与えるこの遊戯に私は熱中してしまった。

件名:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re
内容:どうゆうことだ!左足が!!おおお、歩けねえ・・。やめてくれええ

件名:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re
内容:抜くな!髪の毛を・・・うおおおお

件名:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re
内容:目が・・・目が・・・

相手を完膚なきまでに叩きのめすために、私は私にとことん傷をつけた。その影響はすぐさま命乞いのメールとなって、私の元へ届く。どうだ、参ったか。

相手からのメールが途絶え、暫く経ち、私は冷静になった。

ふと、鏡を見るとそこには未来の無い自分がうつしだされているのだった。
文字通り、私は自分の未来を失ったのだった。

投稿者 hospital : 2003年08月25日 10:48