« 終電車 | メイン | 秋の大会 »

2003年10月02日

大大大家族

 あたしの家は大大大家族。あたしの上にお兄ちゃんが8人、お姉ちゃんが6人、下には弟が10人、妹が7人、それからお父さんが8人いて、それに対して、お母さんが4人しかいなくて、おじいちゃんは去年いっきに2人減っていまついに1人で、おばあちゃんは11人もいて、ペットは鳥とか犬とか猫とかウサギとかウーパールーパーとかなんだかしんないけどいっぱいいてすっごく臭くて、とにかくもう本当に本当に大家族なのね。

 こんなに大家族だから、やっぱり家庭問題なんかもよそとは違ってビッグなわけでさ、まず、嫁と姑、つまり、お母さんたちとおばあちゃんたちが超仲悪くって、それで2年前お母さんたち対おばあちゃんたちで戦争めいたことになっちゃって、そりゃもう大変だったんだから。あのときのいざこざで、3人のお母さんが逮捕されて今は獄中。1人のお母さんがお母さんたち同士の内ゲバで殺されちゃった。お父さんの数に対してお母さんの数が少ないのはそのせい。今はもう、我が家は圧倒的におばあちゃんたちが数を占めてて、おばあちゃん派じゃなければ人にあらずってかんじ。

 で、お母さんが4人に減ったもんだから、お父さんたちときたらもうやりたい放題。4人のお母さんたちをパートや夜の仕事に行かせて、自分たちは毎晩大宴会。収入の少ない順で2番目のお父さんときたら、おっかあの数が足りねえから仕方ねえだろ、なんて言って、堂々と商売女を連れ込むし。学歴順で1番上のお父さんは会社の部下と不倫してて家に帰ってこない日が多々ある。3年前、お母さんたちが我が家にまだ8人いた頃、お父さんたち全員してこづかい値上げ闘争を決起したんだけど、お母さんたちにかるうく鎮圧されちゃって、8人のお父さん全員で泣きながら庭に並んで土下座してたりなんてこともあったのにさ。

 でさ、やっぱり、大家族なうえに、こんなに複雑な家庭環境なもんだから、お兄ちゃんたち全員と中学生以上の弟たち全員グレちゃってて、みんなで暴走族なんかはじめちゃって夜な夜な仲良くバイクにまたがり遊びにいくの。族の名前が兄弟ブラザーズだって。意味が二重しちゃってだいぶ偏差値低いかんじよね。で、このままみんなでヤクザになって、血の繋がったもの同士で組事務所もつんだ、わざわざ兄弟の契りをかわす必要もないぜ、なんていってんだから男ってほんと馬鹿よね。

 お姉ちゃんたちもやっぱりどこかおかしくって、みんなしてインディーズバンドのおっかけやってた過去があって、みんなして登校拒否してたりして、みんなしてリストカット経験者だったりして、極めつけにみんなして寺山修二が好きで、家の本棚に「家出のすすめ」が9冊もあったりして、おまえらはやく全員で家出してアングラ劇団でもはじめろよっていつも思う。
 
 妹たちはどいつもこいつもブスで生意気。特に私のすぐ下の妹がほんっとグズでなんかむしょうにムカついて毎日いじめてやってる。で、私のすぐ下の妹はそのすぐ下の妹が特に嫌いみたいでいつもいじめてて、で、私のすぐ下の妹のすぐ下の妹はまたそのすぐ下の妹をいじめてて、で、私のすぐ下の妹のそのすぐ下の妹のすぐ下の妹もまたそのすぐ下の妹をいじめてて、で、私のすぐ下の妹のそのすぐ下の妹のすぐ下の妹のって、あああ!もう!何がなんだかわからないわ。

 弟たちはギャアギャアピイピイうるさくってうっとうしい。こないだなんて、あたしがテスト期間中で勉強してるっていうのに、家の中をどたばた走りまわって、大きな声出してすっごくうるさいから、あんたたち、いったい何してるの!っ怒鳴ったら、湘北バスケ部対忍者戦隊ハリケンジャーごっこしてる、とかいうわけのわからないけど頭数ぴったりなくだらないことぬかすもんだから、頭に来てひとりずつ電気アンマの刑にしてやったわよ。全員の弟にしおわった後、もうぐったりしちゃって、勉強どころじゃなかったけどね。

 あのさ、あたし、来年の3月で中学を卒業するの。そしたらさ、あたしさ、高校には行かないで就職して、この家を出ようって思ってる。一度家族から離れて暮らしてみたいんだよね。そりゃさ、みんなで運動会やったりとか、しょっちゅう誰かの誕生日パーティーやったりだとか、最後のおかずビンゴゲームで取り合ったりとか、そういう楽しい思い出もいっぱいあるけどさ、はっきりいってもうたくさんよ。ひとりで静かに暮らしてみたい。家で並ばずにトイレに入りたい。下着に名前書くのもうやめたい。誰にも邪魔されずフルーチェひとりで食べてみたい。

 実はさ、いま残りわずか一人のおじいちゃんが結構やばい状況でさ、もし死んじゃったら、土浦の方に住んでる7人の叔父さんとか群馬に嫁いだ8人の叔母さんとかなんやかんや親戚がいーっぱい集まってきてさ、遺産相続でそりゃあもうごったごたにもめて、すっごいことになるんだろうなって思う。だから、本当は、おじいちゃんが死ぬ前に、今すぐにでもこの家を出たいんだよね。幸の薄そうな順で断トツ1番目のお母さんには実はこのこともう言ってあってさ、あなたの人生だもの好きなようにしなさい、応援する、なんて言われちゃってるんだけどさ、お父さんたちと残りのお母さんたち全員を説得するとなるとなんだかすっごい大変そうだわ。でもさ、反対されたっていいの。いざとなりゃ、彼氏のナオユキたぶらかして駆け落ちしてやるんだから!

 あーあ、はやく春よこーい。

投稿者 hospital : 2003年10月02日 11:03