« 考える人 | メイン | 健康な世界 »

2004年03月12日

必殺技4

聡子は今、コレクションに夢中だ。
コレクションというものの殆どに言えることだが、他人にはなかなか理解されづらいものが、大抵は集められる。牛乳ビンの蓋だとか切手やシールに及ぶまで、一見無価値に見えるものでも、人によっては集め出すとどうしても欲しくなる。

最近そんなコレクション癖にとりつかれている聡子が愛しくてたまらない。ちょっとしたものをせっせと集めるその姿勢に私はなんともいいようのない「乙女性」を見出すのだ。ことあるごとに私のところへやってきて彼女はそのコレクションを発表する。男としては「そんなもん集めてどうすんだ?」と冷たく突き放す事はできない。聡子が提示するそれら品物を見て大げさに感嘆してやるのだ。

新しいコレクションを自慢したいのだろう、聡子が自信なさげに私のもとへやってきた。

「一万円札のコレクション始めたんだけど・・・」

聡子によると、単なる一万円札に見えてもシワのよりかたや折れ曲がりかた、どれひとつとっても同じものは無いという。その微妙な違いをもつ一万円札を集めだしたらきりがなくなり、私にも是非協力してほしいと、まだあどけなさの残る整った表情で、懇願した。
財布の中にある一万円札を取り出してやって彼女に見せると、ぱっと赤みが差した熱の篭った顔つきでそれらをじっくりと眺める。
「すごぉい。全部貴重な一万円札だよ!すごい!」
自覚はなかったが、聡子によると私の持つ一万円札は全て普通の一万円札とはちがう「レア物」なのだそうだ。物欲しげな上目遣いで私を見る聡子に「集めてるんなら、あげるよ」と男らしく言ってやる。すると聡子の瞳がキラリと光った。聡子の瞳に輝く星は、私にとって夜空に輝くどんなキラ星よりも貴重な宝物だ。
貰った一万円札を懐にしまいこむと、千円札や五千円札にも少しだけ興味が湧いたようで「ついでにもらってもいい?」と私の返事を聞くまでも無くそれらを抜き取ってしまった。
このいたずら盛りの聡子の様子をみてると、抱きしめてやりたい衝動に駆られる。好きな男性に甘えたい、年頃の聡子。彼女を甘やかしてやれる自分の背負った運命に私はしばし感謝し、これからも彼女を好きなだけ甘やかしてやろうと、すっからかんになった財布を眺めながら決心するのだ。

大好きな一万円札を手に入れることができた聡子なのに、なぜか表情が翳ってしまった。心配になって尋ねると、コレクションのことで行き詰まっているということだった。
聡子によれば、自分のコレクション癖がどうにも他人に理解してもらえないという。確かにコレクション癖というのは他人に理解されづらいところがある。そんな聡子のやるせない気持ちを少しでも満たしてやりたくて「なにか集めるなら協力をおしまないよ。なんでもいってくれ」と言う。すると「ほんとに?」とその一言で不安はすべて解消されたのか、表情にいつもの聡子が戻ってきた。

「さしあたっての生活必需品をコレクションしたいんだけど・・・」

聡子が何を言いたいのかさっぱり分からなかったので、ぼけっと突っ立っていたところ「やっぱり分かってくれないんだ」とやにわに瞳から大粒の涙が零れ落ちた。聡子のことを誰よりも深く愛し誰よりも理解している自負があったため、この一言は私の心をぐさりと突き刺した。
「聡子のことを分かってやれなかった」
その事実はとっさに私に「いいよ、好きなだけコレクションしてくれ」と言わせた。

返事を聞くと聡子は部屋中の家財道具、洗剤、食器類、その他をまとめはじめた。それはまるで今から引越しをするかのように見えたのだが、コレクション癖は他人に理解されづらいものだし、私は何も言わず聡子のうれしそうに作業する「コレクション」を見つめていた。
生き生きとした聡子を見られることに比べたら、すこしくらい理解できないことなどなんでもない。私はうれしそうな聡子の後姿を見ながら、「これが幸せというものなんだろう」と気持ちを新たにしていた。
すると背後で声がした。

「聡子。用意できたか?」

振り向くと、軽トラックを玄関前に駐車したホスト風の男が私のことをまるで無視して聡子に指図していた。「ごめ~ん、もう少しだから」聡子が答えると男も手伝って家の中のものを全てトラックの荷台の上に運び込んでしまった。
呆気にとられていたが、軽トラの助手席から「ちょっとコレクションしてくるね」と聡子がいうので、「そうか」と元気よく返事を返し、走り去る軽トラックを見送った。
気づくと夕暮れ時で、あたりは夕闇に包まれていた。朱色に染まる西の空を眺めながら「幸せのコレクション」という言葉を思いついた。財布の中も家のなかもすっからかんになってしまった今、そんな言葉は妙にリアルに私の心に響いたのだ。聡子のように私も自分の幸せをコレクションしようと思った。

投稿者 hospital : 2004年03月12日 16:24