« 2005年02月 | メイン | 2005年04月 »

2005年03月30日

感想文

サム・プレコップの新しいアルバムがすごく好きだ。
前回のボサノヴァ風のファーストのほうが良かったという人も多いみたいだが、
俺は断然こっちがいい。(もちろん前回のも好きだ)

ずいぶん遅いが、長嶋有の「猛スピードで母は」を読んだ。
まったく素晴らしい。久しぶりにうちのめされた。
平易な文章でも特別なことが起こらなくても自分にない体験が書かれていても、
そこには俺たちが知っている「空気」がもうふんだんに漂っている。
だから楽しめる。だからわかる。(ような気分になれる)
情景を描くのではなく想起させる、心情をあらわすのではなく感じさせる。
小説の力を知っている人が書いたものだ、と思う。
収録された「サイドカーに犬」「猛スピードで母は」どちらもぐっときたぜ。

これまた遅いのだけれど、矢作俊彦の「ららら科学の子」を読んだ。
おもしろかったあ。
中国で30年暮らして日本に帰ってきた男の話だ。
簡単にいうとそれだけの話だが、その中にはいっぱい伝えたいことが詰まっている。
伝えたいことがいっぱい詰まっているけど、うるさくならず、押し付けがましくならず、
物語の力で俺たちをいろんな想いに導く。
見事にプロの技だ。プロとしておおいに自覚した人が書いた小説だ。
頭がクラクラしたぜ。

くそう、俺は本当に感想を書くのが下手だ。
もちろん評論家でも学者でもないからうまく書く必要はない。
俺の思いはただひとつ。みんなも読んだらいいのに、ってそれだけだ。
日記にも飽きたしこれからどんどん下手な感想文を書いてやるぜ。

yujing

投稿者 hospital : 15:35

2005年03月29日

春がない

深センには春がない。
中国ではそういう地域が多いらしい。

会社の窓から灰色の空を眺めながら
やっぱり中国人が白黒はっきりしてるのは、春と秋がないせいではないだろうかと考えた。
今日は中国に来て初めて空が青かった。
横にいた会社の知人に「日本みたいな空だ」と言ったところ、
西安から来ている彼も「西安みたいな空だ」と言って、しばらく二人は無言になった。

言葉がはっきり話せなくても心は通じる。
日本語でも、「ピザが好きだ」とか「ボブディランはかっこいい」とか「熱が出た」とか
その程度のことしか話せないせいかもしれない。
相手のことをいい奴だと思ったら、知らないうちに心は通じてるような気がする。

話は戻って、窓の前で彼と二人で黙った後、
オレはどうしても、「空はどこでも一緒だね」と言いたくなった。
もちろんロマンチックな気持ちになったわけではない。
なんとなく、この言葉を言ってみたいと思ったのだ。
そして、思い切って満面の笑みでそう言ってみた所
思いっきり笑われた。
中国も日本も大差はないのだ。

やりたいことはやるべきだ。
オレは今心からそう思う。
ジョッシュ先輩が言っていた愛すべきロックの言葉を久しぶりに思い出した。

「そこにタバコがあるなら吸え。
そこに酒があるなら飲め。
やりたいことがあるなら迷わずやれ。
朝起きて気分が悪かったら

気にするな」

今朝、会社へ行く前に急にこの言葉を思い出して、
少しもこの言葉が色あせていないことが嬉しかった。

朝、バスの中から海が見える。
それがすごく嬉しい。
でも、CDウォークマンが壊れそうなことがすごく悲しい。
というか心配。
中国って物が壊れやすい。
これは、すごく恐ろしいことだ。
理由はわからないけど、物が傷みやすい。
それはきっと物に限ったことではないのだと思う。

とにかくオレはロックンローラーだから張り切って頑張ろうと思う。
やりたいことをやるだけさ。

uematsu

投稿者 hospital : 22:53

2005年03月28日

長い雨

日本では雨が降り続いている。
一雨ごとに春が忍び寄るのだろう。
忍び寄る春。
さくらの花びらが舞う。
春になると、わくわくしなくもない。

頭に来ることに、先だってのインフルエンザのおかげ様で、ソニックユース様のライブを行き逃した。
もう一つ頭にくることには、楽しみにしていたピンバックライブがロブ・クロウのバラエティーショウになっていて、それはそれで可愛かったんだけど(すごいいい人だった)、なんか呆気にとられた。
やっぱ、DADADADA言っててほしい、ピンバックには。
というわけで、今年のスタートに楽しみにしていたいくつかは、いろんな理由からふいになった。
春にきちんと再スタートきれるのか。

ギターを買った。
中古でテラダギターというメーカーのもの。
前の持ち主が刻んだものだろうか。
ギターケースに
melodies come from my heart
とあった。
音がいい。
なんか、幸せだ。
さっきサリンジャーを柄にも無く読んで見たが、ものすごくよかった。
本当に幸せだ。
日記って書く必要があるのだろうか。
考えるな。
張り切ってがんばろう。

miyamoto

投稿者 hospital : 18:35

2005年03月20日

3周年。

なんという偶然か、俺もまた風邪をひいた。
風邪のうえに今日は朝っぱらから試験があったのでほぼ徹夜で勉強。寝不足のうえに風邪薬でやられちまってふらふら。
気合をいれるためにヘッドフォンをしてプライマルスクリームのExterminatorを爆音で聴きながら学校へ向かった。
テストはかなりハードで、ぼーっとした頭ではなんだかよくわからなかった。
なんだかよくわからないくせに、他の生徒たちより異常にはやく解けてしまって、ひどく不安になった。しかし、見直すのもめんどくさく、必死で問題を解く学友らを残して颯爽と教室をあとにした。

家に帰ってたっぷり昼寝をした。
夕方起きてテレビでジムキャリー主演のトゥルーマンショウを観た。
ジムキャリーはいつだってステキだ。うそくさい笑顔が最高な。

そういえば先日、マスク2(Son of Mask)を観た。非常にバイオレンス溢れまくりの映画だった。あんなものを子供にみせてはいけないと真剣に思った。子供による親への家庭内暴力や動物虐待を助長し、銃器への憧憬を促す大変危険な映画だ。というようなことを一緒にみた人に語ったら、完全にキチガイをみる目でみられた。

夜、ビーフカツを作って食べた。昨日の残りのナスの炒めものも食べた。
食後にコーヒーを飲みたいところだが我慢した。テストが終わった日は必ずワインかウィスキーを飲む俺だが、それも我慢した。
なぜなら俺はいま禁煙中だからだ。コーヒーやお茶を飲むと煙草が吸いたくなる。酒を飲むと煙草が吸いたくなる。そういうわけで、ドクターペッパーを飲んだ。
単なるドクターペッパーじゃない。新製品のダイエット・チェリー・ヴァニラ・ドクターペッパーだ。ドクターペッパーのあの奇妙に複雑な味に更にチェリー味とヴァニラ味を加えてダイエットにしてみました、という心から馬鹿げた飲み物だ。
しかしまあ普通のドクターペッパーもヴァニラコークもチェリーコークも大好きな俺であるから、きっと美味しくいただけるであろうと思った。正直、期待していた。
結果、なんと、これが、普通のドクターペッパーと全然変わらない。
中身まちがってません?と思ってしまった。
風邪で鼻がおかしいせいだろうか。拍子抜けした。
明日はライム風味つきのコーラを飲む。

さっきまでDVDでゴダールの映画を観ていた。友人から貰ったのだ。
英題「Breathless」。こりゃ多分みたことねえなあと思いながらみた。
主演がお馴染みジャン・ポール・ベルモンド。うまそうに煙草をぷかぷかやっていた。こういうのをみるとものすごく煙草が欲しくなる。
ヒロインがタイプだった。もうどんぴしゃでタイプ。わあ。いいなあ。すてきだあな。と思いながらみていて、ふと気がついた。
こんなことが昔にもあったぞ。デジャヴ。いや、ちがう。
あれは確か俺がバリバリのSweet Sixteenであったころ、友人のT山が無理やり俺に押し付けたビデオ…いや、深夜の衛星第二でやったのをビデオに録画したのだったか…とにかくこの映画はみたことあるぞ…すわっ!いま俺がみているのは「勝手にしやがれ」じゃないか!ヒロインの髪型が当時純情に片思いしていた人と一緒で…。
というわけで、みたことがあったし、昔と同じようにヒロインに胸がときめいたし、
それでもう満足で、途中でリモコンの停止ボタンを押していた。

しかし、「勝手にしやがれ」の英題はきっとドゥワチャライクだと思っていた。
そんな俺は若い大切な時期を完全に渋谷系に踊らされてしまった悲しい世代だ。
ブレスレスだって。それはそれでなんだかイカしてる。

さて、HOSPITALが3周年だ。全然気がつかなかった。
特に思うことはないが、なんだか嬉しいような気もしないでもない。
長く続くということはステキなことだ。
我侭で飽きっぽい俺にしてはよく続いていると思う。
これもひとえに、読者のみなさんと他のメンバーのおかげだ。

というようなことは、ちっとも思わねえ。
これからも、俺は俺の俺だけのためにグッとくる物語を書いていきたい。

yujing

投稿者 hospital : 10:25

石の上の3年

3月20日はホスピタルが始まった日だ。
ちょうど3年間やったことになる。
一体何を考えてこんなに頑張れたんだろう。

石の上にも3年という言葉をヤケに信じている俺は
3年散文を書き続けることで素晴らしい力を身につけられると信じていた。
実際良い部分はあったのかどうかはともかく
3年だあと思うと嬉しい。

物事がうまく行かない時に気持ちを落ち着かせる方法は
その物事をうまく行かせる以外にないのではないかと思う。
気の持ち方で変わるのは気でしかないのだ。

俺も風邪をひいた。
風邪をひくといつも心の中でくるりの東京を歌ってしまう。
あのメガネの歌詞や歌は憎たらしいけどたまに感動する。

最近、背がたかくてヤケにきっちりした背広を着ていて
お坊ちゃま君が大人になって少しまともになって働き始めましたみたいな男によく会う。
もちろん中国人だ。
もしかしたら韓国人だ。
彼のメガネはなぜだかすごく癇に障る。
休日は真っ白い短パンをはいてテニスラケットを持っていたりする。

風邪はいやだ。
「一に睡眠、二に水分、三四はなくて五に薬」
と昔、家の近所の病院で言われたことがある。
この医者はすごく太っていて、首にいくつもイボがあって
「風邪をひきました」
なんてこっちから言ってしまうと
「それは私が判断することだよ」
なんて言い返してくるほどのひねくれ者だった。
山奥に末期老人の施設を作ったりしていたらしい。
若い美人の愛人がいるという話も聞いたことがあった。
風邪をひくと風邪にまつわるどうでもいいことをどんどん思い出す。

喉が痛いけどタバコを吸おう。
そしてボブディランを聞いて寝るんだ。
ニールヤングだっていい。
とにかく良い気分になりたくてしょうがないんだ。
一歩一歩頑張ろう。
3年前よりよっぽどマシだ。

uematsu

投稿者 hospital : 00:51

2005年03月18日

砂漠

インフルエンザB型にかかった。
普段かぜなど気合いでなおすものだ、と考えていたが、今週の月曜日どうも調子が悪いので、近所のHOSPITALへ行った。
40分くらいまたされて、丸顔の医師に痛いですよと言われながら細長い綿棒を鼻につっこまれて更に15分待たされて「B型です」と診断された。
熱は39度を超えた。

久しぶりだ。
熱があれだけでたのは高校生以来かもしれない。
熱がでて知ったのだけど、熱がでると、手首が熱くなる。
なにかにすがりつきたくなる。
今はちょうしこいて、こんなふうに書いていられるけれど、風邪を引いているときはパソコンをみることさえ気持ち悪くてできなかった。
寝ていてもうなされる。
どうゆう原理でうなされるのだろうか。
どんな夢をみているのだろう。
おそらくとても怖い夢をみているのだろうけど、思い出せない。

日本ではご存知の通り現在花粉で悩んでいる人が例年に比べ多い。
花粉症など気合いで直す物だと思っていたが、実は今鼻水が止まらない。
風邪の治りかけにくしゃみ、なんてきいたことないから、これはどうした現象か。
まったくいやになる。
今まで信じてきた物(気合いなど、精神論)が、まったく用をなさないのだ。
しかし、僕は負けないし。

風邪その他を患ってると、たばこ、酒などを欲しくなくなる。
いっそ風邪なら風邪のままでもいいのかもしれない。
そっちのほうが豊かな人生なのかもしれない。
そう僕は誓ったのだから。

miyamoto

投稿者 hospital : 01:08

2005年03月09日

最近あった出来事

最近あった良い出来事

・かっこいいキーホルダーをプレゼントされたこと。
カルバンクライン製。

・素敵なマフラーをプレゼントされたこと。
ラルフローレン製。

・バーで酒をおごってもらったこと。
よく飲んだ。

・何年ぶりかの再会をしたこと。
会えて良かった。

・十何年ぶりの再会をしたこと。
全然変わってないねー。といわれた。

・昔一緒に安アパートで暮らしていたひとたちの活躍を知ったこと。
フォトグラファーとか青年実業家とか、人生いろいろ。

・Lou Barlowのライヴに行ったこと。
一緒に行った人たちの反応が微妙だったので黙っていたけど、実はけっこう感動していた。「Love is stronger than truth~♪」だってさ。

・ジーンズが安かった。
二本買った。

・Chemical Brothersの新しいアルバムが良かった。
文句あっか。

最近会った嫌な出来事

・部屋にネズミがたくさんでること。
かわいいんだけどね、迷惑。

・確定申告を学生ボランティアに頼んだらありえないくらいデタラメなことになったこと。
もう自分でやります。

他にもたくさん嫌なことあったけどもう忘れた。

最近あった面白い出来事。

・吹雪の日に道端で超ハッピーそうにしてるひとをみつけて「なんでそんなに嬉しそうなの?」ときいたら「昨日マイアミから来たんだ」と答えられたこと。
でも嬉しいからって通りすがりの店のドアをいちいち全開にしてみたり、レストラン内で食事を楽しむ女の子たちに向かってガラス越しにチュッチュとキスをするのはまずいと思った。

・地下鉄内で全ての乗客(俺も含む)に向かって汚い言葉を吐いていたランニング姿の黒人青年が停車駅で警察官に連行されていくときに、それまで大人しく黙って座っていた上品そうな老婦人が立ち上がってものすごく汚い言葉で青年を罵り出したこと。
警察官や他の乗客が困った顔でバアさんをたしなめているのが愉快だった

最近あった奇妙な出来事

・アパートのゴミ捨て場にまったく手のつけられていないペパロニのピザが四枚、デリバリー用の箱に入ったまま捨てられていたこと。それから4日後にも同じように四枚のピザがデリバリー用の箱に入ったまま捨てられていたこと。隣のアパートのゴミ捨て場を覗いたらそこにも同じピザの箱が4つあったこと。
果たして何を意味するのか。4という数字が実にわざとらしくて怪しい。

以上、
ワイユージェイアイエヌジーでした。

投稿者 hospital : 16:13