« 2007年09月 | メイン | 2007年12月 »

2007年10月03日

疲労コンパネ

疲労とは不思議なものである。

私、今現在29歳。
仕事にも油が乗ってきて、これから10年間はK-1の魔裟斗選手と同じくらい力強く仕事ができるとはずですが、ただひとつだけこんな私にも悩みがある。
よく疲れるのだ。
よく疲れる魔裟斗もないだろう、とは自分でも思うのだが、事実そうなのだから、しかたがない。
夜9時を過ぎると、目が充血しはじめる。
頭がぼーっとしてきて、倦怠感というやつがあらわれる。
夜になるととても「さあて、今からハーフマラソンを完走して、シャワーを浴びてから、読書に食事だ!」という気分になれないのである。
いつごろからだろう。歳をとったなあとしみじみ思ってしまう。
25から30までというやつは、ある意味異常な時期だと思われる。
私、いつも、仕事にまじめに、仕事に一生懸命にやっているのですが、この5年間ろくに暇な時間をとれないのである。
朝起きてとても「よーし、今日は昼くらいまでぐだぐだして、それから近所の漫画喫茶で20巻くらいの長編を2~3セットしてから、吉牛たべて、深夜に家でDVDをみるぞ」と決意していたのに、ついつい夜まで寝てしまってワインを飲んで深夜インターネットにはまってしまう。という生活にずいぶんご無沙汰である。

私の本質はその辺にあるのではないか。
このところ、一生懸命すぎる。
もっとゆとりをもとう。

せっかく遠方から友人が帰ってきたというのに、僕ときたら優雅にゆとりをもって、迎えてあげることができないのだから。
すこし反省をしたのだった。
ただ、まだまだゆとりなんてことばは使ってはいけないのかもしれない。

どちらにせ、このところの僕は疲労コンパネなのである。

miyamoto

投稿者 hospital : 23:22